商品情報にスキップ
1 14

Makaibari Japan

インド マンゴー〈ミスラ農園〉(クール便送料込み)

インド マンゴー〈ミスラ農園〉(クール便送料込み)

通常価格 ¥7,776
通常価格 セール価格 ¥7,776
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
タイプ
箱数

【 初めてご注文の方 】

  • 配送日付指定をされる場合は、クレジット決済または代金引換でお願い致します。
  • 初回のみ代引き手数料は弊社で負担させていただきます。
  • 銀行振込、郵便振替とコンビニお支払いをご希望の方はご入金を確認後に発送させていただきます。

【 沖縄県・離島の方の送料について 】

  • 決済時は送料無料、後から送料をご請求させていただきます

SKU:OMK-23-1B

〈ご予約・ご注文を承ります〉
  • 今年は1ヵ月に2~3回のペースで入荷する予定です。6月・7月がピークです。
  • ご注文をいただいた方から順次発送申し上げます。
  • ご予約を承ってもお届けできない場合もございます。ご了承ください。

〈配送・決済〉
  • お届けの日時は指定できません。入荷次第お送り申し上げます。
  • ご都合の悪い日のみ教えてください
  • お支払いは、代金引換(手数料330円、商品代金1万円以上は440円)またはクレジット決済のみとなります
  • 販売価格はクール便送料込みの価格です *沖縄・離島は別途料金がかかります

〈原産地・仕様〉
  • 産地: インド
  • 農園: ミスラさん農園
  • 箱サイズ: 38 × 29 × 9 cm
ケサール種  : 1 箱/  8~10 個入り(約 2.5~3 kg)
ラングラー種 : 1 箱/    7~9 個入り(約 2~3 kg)
チョウサ種  : 1 箱/  8~10 個入り(約 2.5~3 kg)
マリカ種   : 1 箱/    6~8 個入り(約 2.5~3 kg)

インド マンゴー
今年もインドからマンゴーが届きました マンゴーの品種
  • ケサール種  : サイズはやや小さいですが、強い甘みに驚きます。なめらかな食感と華やかな香りです。インドでも人気がある品種です。
  • ラングラー種 : 色は緑色です。甘くてジューシーで口いっぱいに南国の香りが広がります。豊富なビタミンとミネラルを含むインドでも人気の高いマンゴーです。
  • チョウサ種  : チョウサ種はインドではアルフォンソーと並ぶ人気の高い品種。強い甘さと芳醇な香りが特徴です。
  • マリカ種   : ハチミツのような香り、大きなサイズ、繊維質がないので食感が良いのが特徴です。

自然と向き合ってつくられるオーガニック・マンゴー

インドで生産されるマンゴーは大自然の中でつくられます。虫除けにはハーブなどの自然のものを使用してつくられます。2023年のように気候が悪くても、良いマンゴーを日本に送ってくれます。農園オーナーのミスラ氏の力によって、美味しいインド・マンゴーが日本に届きます。大自然の恵みを受けてつくられた香り高く、甘いマンゴーをお楽しみいただけましたら幸いです。

自然と向き合ってつくられるオーガニック・マンゴー
  • 左)2023年は寒くて雨も降り、マンゴーの花が咲いても実が多くつきませんでした
  • 右上)マンゴーの実は一つ一つ、袋を掛けられます
  • 右下)虫除けにはハーブなどの自然のものを使用してつくられます

気温の上昇とともに美味しいマンゴーを実らせました。
  • 気温の上昇とともに美味しいマンゴーを実らせました

多くの人々が収穫や出荷に携わり、日本に届きます。
  • 多くの人々が収穫や出荷に携わり、日本に届きます

2019年、マカイバリジャパンのスタッフがミスラ氏のマンゴー農園を訪問しました

デリーから一番近いマンゴー農園はウッタルプラディッシュ州にあります。途中の風景もモスクやヒンズー教の寺院、水牛の群れなどインドらしい光景が目に入ってきます。広いマンゴー農園では、まだ緑色のマンゴーがたくさんに実っていました。数週間後には黄色になります。敷地では牛を飼っており、牛の糞はニームの葉とともに肥料に使われます。農薬は極力使用せずに、ニームなどの自然のものを使います。インドの大地で育てられた自然のマンゴーです。香り高く、とても甘いインド・マンゴーをお楽しみいただけましたら幸いです。

ウッタルプラディッシュ州のマンゴー農園の風景1 ウッタルプラディッシュ州のマンゴー農園の風景2
  • ウッタルプラディッシュ州のマンゴー農園

マンゴー農園のオーナーのミスラ氏
  • マンゴー農園のオーナーのミスラ氏
  • 農園で飼われている牛

ウッタルプラディッシュ州の街の風景

ウッタルプラディッシュ州の街の風景
  • 右上)馬車
  • 右下)猛暑で水浴びをする水牛たち
  • 左下)天日干しをしている牛の糞

夏の時期は街中でもいろいろな種類のマンゴーが売られています
  • 夏の時期は街中でもいろいろな種類のマンゴーが売られています

熱処理(VHT)の工場 Vapor Heat Treatment

インドから日本へマンゴーを輸出するときは、マンゴーにつくミバエなどの害虫の幼虫や卵を殺滅処理することが義務づけられています。出荷前にマンゴーをVHTの機械の中に入れ、果実が高温障害にならない範囲内で、内部温度を上昇させて害虫を殺滅させます。
コロナ禍の間は日本からの検査官の立ち会いがありませんでしたが、昨年からまた日本から検査員がたちあって厳しいチェックが行われています。

熱処理(VHT)の工場 Vapor Heat Treatment
  • 左上)VHTの前のマンゴー
  • 左下)VHTの機械




詳細を表示する